サイゼリヤで約35万円窃盗 なぜ...逮捕男 まさかの正体

2021/2/26(金) 18:33配信 フジテレビ系(FNN)
https://news.yahoo.co.jp/articles/6ec65c3f21a4b351e690e632d17cd3568a5b9505

狙われたのは、安さで人気の大手ファミリーレストラン「サイゼリヤ」。



1月23日未明、東京・八王子市にある「サイゼリヤ 八王子楢原店」から売上金と準備金、あわせて33万9,000円が盗まれた。

この事件で逮捕された佐藤和仁容疑者(30)。

被害に遭った店舗とは別のサイゼリヤの店長だった。

佐藤容疑者が店長を務める店舗と盗みに入った店舗の距離は、わずか6km。

現場の八王子楢原店には2020年12月と2021年1月に手伝いに入っていて、その際に鍵を盗んだとみられている。

犯行時間は午前2時35分からのわずか4分間だった。

しかし、防犯カメラには気が回らなかったのか、佐藤容疑者によく似た男の姿が映っていたことから逮捕に至った。

店長を務める店舗に貼られていたのは、時短営業のお知らせ。

通常は午後11時までのところ、現在は午後8時までに短縮されていた。

佐藤容疑者は、「新型コロナの影響で、月収が6万円も減った。パチンコが好きで、給料だけでは足りないので泥棒をした。盗んだ金を携帯代、パチンコ、車のローンなどに使った」と動機を供述した。

一方の現金が盗まれた側の店舗も同じく時短営業中。

佐藤容疑者は、苦しい経営状況を知っているはずの別店舗から、貴重な売上金などを盗んだことになる。

利用客「やっぱり同じ店で内容(店内)がわかっているんじゃないですか」、「みんな金で困ってしょうがないんだから、我慢しなきゃ。仲間だから。ひどいね」

店長が逮捕されたことに、サイゼリヤの担当者は「この度はご心配をおかけして申し訳ございません。警察の捜査には協力させていただきます」とコメントしている。